川崎市経験者採用の対策方法!面接を攻略!

川崎市経験者採用の対策方法を解説します。

川崎市の試験は各種自治体の中で対策がしやすい部類に入ります。

しかし、だからといって手を抜いてしまうと、良い結果は出ません。対策がしやすいからこそ、徹底的に取り組んでライバルに差をつけましょう!

ぜひ参考にして、合格を勝ち取ってください!

受験資格

eligibility

川崎市経験者採用の受験資格は、「禁錮中ではない」などという当然の要件を除けば、年齢制限と職務経験だけです。

年齢制限

試験実施年の4月1日現在、満29歳以上59歳未満であればOKです。

行政事務・社会福祉・土木、・電気・機械、建築、すべての区分で共通です。

職務経験の期間

直近7年の中で、5年以上の職務経験が求められます。

「職務経験」は、会社員や公務員等として「週 30 時間程度の勤務を1年以上」継続していることが必要です。

5年間連続した勤務でなくとも、1年以上の職務経験を合算して5年以上になれば問題ありません。
非正規であってもOKです。

ただし、育児や介護のための休業期間は職務経験に含めることができませんので注意しましょう。

職務経験の内容

必要な職務経験の内容は、区分によって異なります。

【行政事務】

次のいずれかの要件に該当することが必要です。

民間企業等における職務経験が直近 7 年中 5 年以上ある人
青年海外協力隊等としての海外における国際貢献活動経験が直近 7 年中継続して 2 年以上ある人

「民間企業等における職務経験」があればよく、職種の制限はありません

ただし、中には現職が公務員で、

「公務員からの転職だと不利になるのかな…」

と気になっている人もいるかもしれません。

そんな方に向けて、下記の記事では公務員から公務員への転職について詳しく解説しています。
公公転職を考えている人は是非読んでみてください!

【社会福祉】

社会福祉士」または「精神保健福祉士」の資格を登録しており、かつ、次のどちらかの経験を有することが求められます。

社会福祉施設等における相談業務等の職務経験が直近7 年中 5 年以上ある人
青年海外協力隊等としての海外の社会福祉施設等における相談等の国際貢献活動経験が直近 7 年中継続して 2 年以上ある人

【土木・電気・機械、・建築】

次のどちらかの経験を有することが必要です。

民間企業等における各試験区分に関連した実務経験(設計、施工監理等)が直近 7 年中 5 年以上ある人
青年海外協力隊等としての各試験区分の主な職務概要に関連した海外における国際貢献活動経験が直近 7 年中継続して 2 年以上ある人

初任給

初任給は、学歴や職務経験の年数によって定められています。

大卒で職務経験7年の場合 261,200 円程度


大卒で職務経験12年の場合 292,700 円程度


大卒で職務経験17年の場合 318,100 円程度

上記のほか、支給要件に該当すれば、通勤手当(最高55,000円/月)、住居手当(最高25,000円/月)、扶養手当などが支給されます。また、期末・勤勉手当(4.3月分)も支給されます。

試験日程

川崎市経験者採用は例年7月に受験案内の配布・申込受付が始まり、最終合格発表は12月です。

ここでは大まかな最終合格発表までの流れをご紹介しましょう。

倍率

competition

川崎市経験者採用の区分ごとの倍率は、次のとおりです。

令和元年度
(2019年度)
令和2年度
(2020年度)
令和3年度
(2021年度)
行政事務 17.5 38.8  31.8
社会福祉 2.9 3.1 1.9
土木 2.4  2.0 6.0
電気  1.5 2.4 1.6
機械 4.4 2.7 2.4
建築 2.6 3.0 2.2

川崎市HPより作成)

行政事務は人気ですが、対策不十分な受験生も多いため、実質的な倍率はこの数字よりも低いと考えられます

技術系の区分の中には倍率が2倍に満たないところもあります。受験資格がある人にとっては狙い目と言えるでしょう。

あきらめずにがんばりましょう!

1次試験の内容と対策方法

paper-test

川崎市経験者採用の1次試験の内容は次のとおりです。

教養試験(120分)…択一式40問
面談試験(20分)…2対1の個別面談
経験小論文試験(80分)…与えられた課題に対する論文

教養試験

教養試験はオーソドックスな内容で難易度もそれほど高くありません。

対策は、「地方初級(高卒程度)」の過去問題集を徹底的に解くことがベストです。
一般的に、公務員試験は過去問やほかの試験区分の問題を参考に作成されることが多いので、過去問対策が非常に有効です。

面談試験

面談試験は行政事務受験者を対象として実施されます。

20分の対話形式による個別面談で、人物や意欲、適性、コミュニケーション能力などが評価されます。

明らかな不適格者をふるいにかける面談だと考えられます。一般的な面接マナーを身につけ、質問に対して自分の言葉で答えられるよう練習しておけばよいでしょう。

経験小論文試験

正確に言うと第1次試験は教養試験のみです。

第1次試験の合否は教養試験の成績のみで決まり、経験小論文の成績は第2次試験の合否判定に用いられます。

論文試験は、教養試験と同じ日に行われますが、分類上は第2次試験に含まれるのです。

とはいえ、論文を書くのが第1次試験日であることには変わりないので、間に合うように論文対策を行う必要があります。

川崎市の経験小論文試験では、職務経験に関する課題についての小論文が課され、職務経験、貢献意欲、問題意識、論理性、表現力などが評価されます。

実際に過去問を見てみましょう。

【2022】川崎市では、「SDGs未来都市」として、SDGs(持続可能な開発目標)によるまちづくりを進めています。誰一人取り残さない、持続可能な社会の実現に向けて、活用できるあなたの職務経験(※)を、具体的な事例を挙げたうえで、事実に即して述べるとともに、その職務経験を活かし、あなたがどのように川崎市に貢献できるのか、併せて述べてください。 ※平成27年7月以降の職務経験について述べてください。

【2021】あなたにとって身近な自治体(居住地、勤務地がある自治体等)について、あなたが感じている課題を1つ挙げた上で、その課題を解決するために、あなたこれまでの職務経験(※)をどのように活用できるか、あなたのこれまでの具体的な仕事ぶりや組織の中でどのような役割を果たしてきたかが伝わるように述べるとともに、課題解決策について併せて述べてください。 (※)平成26年3月以降の職務経験について述べてください。

【2020】川崎市では、誰もが個人としての自立と尊厳を保ちながら、住み慣れた地域や自らが望む場で、安心してすこやかに生き生きと暮らせるまちづくりを進めています。
このまちづくりを推進するうえで、活用できるあなたの職務経験(※)を、具体的な事例を挙げたうえで、事実に即して述べるとともに、その職務経験を活かし、あなたがどのように川崎市に貢献できるのかを、併せて述べてください。 (※)平成25年8月以降の職務経験について述べてください。

川崎市経験者採用:過去問より引用

上記のように、さまざまな行政課題についての認識と、これまでの経験をどう生かして取り組むのかを問われます。字数は1,000字以上1,200字以内です。

論文試験は、教養試験と比べて対策がしづらいと感じる方も多いようですが、公務員試験の論文は「型」を覚えて書く練習をすることで非常に書きやすくなります。

なお、下記の記事では職務経験論文の書き方と例文を紹介しています。

2次試験の内容と対策方法

interview

川崎市経験者採用の2次試験では3対1の「個別面接」が行われます。1次試験の面談試験と同様、人物や意欲、適性、コミュニケーション能力などが評価されます。公務員試験でよく聞かれる質問に答えられるよう準備しておけば問題ないでしょう。

2次試験の合否は、1次の教養試験と同日に行った「経験小論文試験」の点数も合されて決まります。

2次試験を乗り越えられるよう、小論文もしっかりがんばっておきましょう。

面接試験

面接対策で必ず押さえておきたいのが、募集要項(受験案内)の最後に記載されている「川崎市が求める職員像」です。最後の最後に書かれているので、しっかり読まないと気づかないかもしれません。

大学の推薦入試でも「求める学生像(アドミッションポリシー)」に合致しているかどうかが重要視され、受験生はしっかり対策をしていますが、公務員の社会人受験者は、意外とこの点を見落としがちです。

逆に言えば、「求める職員像」をしっかり把握して対策をすることで、ライバルに大きな差をつけることができる、ということです。

川崎市では、この民間企業等職務経験者採用試験で、このような人材を求めています。

☆ 民間企業等で培われた経験や専門知識を川崎市で生かそうという意欲のある人
☆ 広い視野と柔軟な発想力を持ち、川崎市職員として直ちに活躍できる人

川崎市HP引用

これをしっかり頭に入れましょう。

ただし、ただ丸暗記しているだけではあまり意味がありません。

自分がこれらの職員像に合致していることを、「過去の具体的なエピソード」で語る必要があります。

その点をしっかり考え、準備しておきましょう。

なお、面接に不安のある人はGravityさんの面接対策講座を受講してみましょう。
経験者採用に合格経験のあるプロ講師が、イチからノウハウを伝授してくれますよ!

詳細は下記のページをご覧ください。

まとめ

川崎市経験者採用の対策方法について解説しました。

川崎市は発展著しい政令指定都市です。その市の職員は社会的信用も高く、合格すれば安定した生活が送れることでしょう。ぜひとも合格したいですね!

この記事をチェックしたあなたは、すでにライバルを一歩リードしています。

見た目の倍率の高さに惑わされず、やるべき対策をしっかりとやり込んで臨み、ぜひとも合格を勝ち取ってください。

健闘をお祈りしています!