横浜市社会人採用の対策方法!面接を攻略!

横浜市社会人採用の対策方法を解説します。

横浜市は中途採用を積極的に行っており、優良自治体として非常に人気があります。
そのため、合格をつかむにはポイントをおさえた効率的な対策が必要です。

この記事を参考にしてライバルに差をつけ、合格を勝ち取りましょう!

受験資格

eligibility

中途採用者に様々な条件を課す自治体もありますが、横浜市社会人採用の受験資格はそれほど複雑ではありません。

試験実施年の4月1日現在で満30歳以上59歳未満の人
民間企業等における職務経験を直近7年中5年以上有する人
もしくは青年海外協力隊等としての活動経験を直近7年中2年以上有する人

「民間企業等における職務経験」は、週 30 時間以上の勤務を2年以上継続し、これらの経験が通算で5年以上であることが必要です。

「通算」なので、5年間連続した職歴がなくとも、2年以上の職歴が合算して5年以上あればよいことになります。

また、「職務経験」には、会社員、自営業者、アルバイト、パートタイマー、公務員等としての経験が該当します。また、財団法人、社団法人、NPO法人等の経験も含まれます。

アルバイトやパートなど、正社員としての職務経験がない人にも、横浜市は門戸を開いているということです。

社会人として華々しい実績がなくても、努力次第でチャンスをつかむことができる!!

ただし、中には現職が公務員で、

「公務員からの転職だと不利になるのかな…」

と気になっている人もいるかもしれません。

そんな方に向けて、下記の記事では公務員から公務員への転職について詳しく解説しています。
公公転職を考えている人は是非読んでみてください!

初任給

salary

横浜市社会人採用の初任給は、学歴や職務経験年数に応じて変わりますが、目安として次のように示されています。

大卒で職務経験10年の場合 262,160 円程度


大卒で職務経験18年の場合 303,340 円程度

上記のほか、住居手当や通勤手当などが支給されます。

試験日程

横浜市社会人採用は例年6月に受験案内が公表されると同時に申込み受付が始まり、9月下旬に一次試験、その後二次、三次試験を経て、最終合格発表は12月上旬です。

ここでは採用内定までの大まかな流れを確認しましょう。

倍率

competition

横浜市社会人採用の倍率は例年20倍を超えています。

ただし、受験資格制限が比較的緩いため、「とりあえず受けてみよう」というような受験者も多く、実質的な倍率はかなり下がるのではないかと考えられます

倍率だけを見て諦めることなく、頑張りましょう!

令和元年度
(2019年度)
令和2年度
(2020年度)
令和3年度
(2021年度)
24.2倍 20.5倍 28.2倍

それぞれの試験段階での倍率は次の通りです。

令和元年度
(2019年度)
令和2年度
(2020年度)
令和3年度
(2021年度)
第一次試験合格率 28.5% 22.2% 33.9%
第二次試験合格率 36.2% 47.6% 28.0%
第三次試験合格率 39.8% 46.3% 37.5%

以前は一次の教養試験が合否のカギと言われていましたが、近年は論文と面接重視にシフトしています。

教養試験対策ばかりをしていても合格できません。
論文対策・面接対策を徹底的にやっておきましょう!

エントリーシートの内容

横浜市社会人採用の受験申し込みはWebでの受付です。
その際、エントリーシートの提出が求められます。

【エントリーシートの主な記載事項】
・セールスポイント
・改善したいところ
・自己啓発活動
・趣味・特技
・志望理由(200字以内、5行以内で簡潔に書く)
・最も職務上のスキルや専門性を生かした(又は身に付けた)勤務・活動経験
・勤務・活動先(会社・団体名)、担当業務及び自身の役割(25 字以内)
・担当業務の内容・業務遂行上の課題及びその解決のプロセスや実績(170字以内)

エントリーシートに記載した内容は、面接の参考として用いられます。
記載したことについて、面接で掘り下げた質問をされても大丈夫なようにしておく必要があります
Web入力での提出となるため、控えとして入力後の画面のスクリーンショットを撮っておきましょう。

また、提出後の修正や、複数の申込みはできません
複数の申込みをした場合、最初に到達したもの以外は無効となってしまいます。

エントリーシート提出時には、十分確認をしてから送信しましょう。

一次試験の内容と対策方法

paper-test

横浜市社会人採用の第一次試験の内容は次の通りです。

教養(120分)…択一式40問
論文(60分)…与えられた課題に対する論文

教養試験

教養試験はオーソドックスな内容で難易度もそれほど高くありません。

対策は、「地方初級(高卒程度)」の過去問題集を徹底的に解くことがベストです。
一般的に、公務員試験は、過去問やほかの試験区分の問題を参考に作成されることが多いので、過去問対策が非常に有効です。

過去問をひととおり解いて自分の弱点を把握し、その弱点を参考書で補強していくのが、最も効率のよい学習方法です。

論文試験

正確に言うと一次試験は教養試験のみです。
一次試験の合否は教養試験の成績のみで決まり、論文の成績は第二次試験の合否判定に用いられます。
論文試験は、教養試験と同じ日に行われますが、分類上は第二次試験に含まれるです。

とはいえ、論文を書くのは第一次試験日であることは変わりないので、第一次試験が行われる9月に間に合うように、論文対策を行う必要があります。
横浜市社会人採用は論文がカギと言われます。配点を見てみましょう。

【各試験段階における配点】

教養 論文 面接Ⅰ 面接Ⅱ 総合点
第一次試験 410 410
第二次試験 100 200 300
第三次試験 15 15 30 600 660

上の表のように、論文は第二次試験で100点満点、さらに、第三次試験(最終試験)でも、15点配点されています。

たった15点、されど15点です。
2人の受験生が面接で同点となった場合、合否を分けるのはこの15点分の出来にかかっています。
過去問をチェックして、しっかり対策をしておきましょう。

【2023】横浜市では、世帯構造の変化(世帯の縮小化)、地域のつながりの希薄化等により、社会的孤立や様々な課題を複合的に抱える世帯が今後増えていくころが予想されます。支援が必要な人を早期に発見し適切な支援につなげられるよう、生活課題や地域課題の把握・解決の仕組みづくり、体制づくりを一層推進していくことが必要となっています。そこで、この仕組みづくり、体制づくりを推進していくために、行政としてどのような取組が求められているのか、またこれまでのあなたの経験をどのように生かすことができるか、述べなさい。

【2022】現在、私たちの暮らしのあらゆる場面においてデジタル化が浸透しており、行政手続においても、より快適なサービスが求められています。
このような社会情勢を踏まえて、デジタル化の推進に向けて横浜市が取り組むべきことは何か、あなたの考えを述べなさい。

【2021】近年、感染症の影響等によって人々の不安が高まる中、市民の暮らしを守り支えるために、横浜市にどのような取組が求められているか。また、その中であなたの経験をどのように生かすことができるか、述べなさい。

横浜市社会人採用:過去問より引用

上記のように、さまざまな行政課題についての認識と、これまでの経験をどう生かして取り組むのかを問われます。
字数制限は750字と比較的短めですので、要点を明確にして簡潔に書く必要があります。

論文試験は、教養試験と比べて対策がしづらいと感じる方も多いようですが、公務員試験の論文は「型」を覚えて書く練習をすることで非常に書きやすくなります。
「型」を意識しながら書く練習を続けましょう。

なお、下記の記事では職務経験論文の書き方と例文を紹介しています。

二次試験の内容と対策方法

interview

横浜市社会人採用の第二次試験では「個別面接」が行われますが、合否は、第一次の教養試験と同日に行った「論文試験」の点数も合算されて決まります。
配点は、「面接200点+論文100点」の300点満点です。

面接試験

面接試験で問われるのは、主として「これまでの経験」です。

受験申込みの際に提出したエントリーシートと矛盾しないよう注意しましょう。
食い違いがあると、経歴詐称を疑われる恐れもあり、大きなマイナスとなってしまいます。

また、面接対策で必ず押さえておきたいのが、横浜市が掲げている「求められる職員像」です。

大学の推薦入試でも「求める学生像(アドミッションポリシー)」に合致しているかどうかが重要視され、受験生はしっかり対策をしていますが、公務員の社会人採用試験受験者は、意外とこの点を見落としがちです。

逆に言えば、「求められる職員像」をしっかり把握して対策をすることで、ライバルに大きな差をつけることができる、ということです。

横浜市【求められる職員像】

ヨコハマを愛し
■横浜と横浜市⺠に対して強い関⼼を持ち、市⺠に貢献する仕事に誇りと⾃信を持つ
■市⺠の⽬線で考え、相⼿の⽴場や気持ちに寄り添い、主体的に⾏動する
■“開かれた都市・横浜”の魅⼒を理解・発信し、国際貢献できる⼈材を⽬指す

市民に信頼され
■公務員としての⾃覚を持ち、「職員⾏動基準」に沿って誠実・公正に⾏動する
■知識・能⼒を備え、やるべきことを着実に⾏い、⾃らの役割・責任を果たす
■⼈権とコンプライアンスの意識、協働の姿勢を持ち、市⺠と信頼関係を築く

自ら考え行動する
■課題解決に向けて主体的に取り組み、「チーム横浜」で⽇々の業務にチャレンジする
■⾃らのキャリアを考え、積極的に能⼒開発に取り組む
■全体の奉仕者として⾃らに求められていることを考え、⾏動する

横浜市人材育成ビジョン・研修計画より引用

これらをしっかり頭に入れましょう。

ただし、ただ丸暗記しているだけではあまり意味がありません。
自分がこれらの職員像に合致していることを、過去の具体的なエピソードで語る必要があります。
その点をしっかり考え、準備しておきましょう。

なお、面接に不安のある人はGravityさんの面接対策講座を受講してみましょう。
経験者採用に合格経験のあるプロ講師が、イチからノウハウを伝授してくれますよ!

詳細は下記のページをご覧ください。

三次試験の内容と対策方法

横浜市社会人採用の第三次試験は再度「個別面接」が行われます。
ここまでくれば、合格までもうひと頑張りですね!

最終的な合否は、次のような配点で計算されて決まります。

教養 論文 面接Ⅰ 面接Ⅱ 総合点
15 15 30 600 660

第三次試験まで勝ち残ってきた受験生は、全員一定レベル以上の成績を取れると考えられますので、合否は僅差の勝負になるでしょう。

論文試験の15点や面接のわずかな得点差が、合否の分かれ目になることもあります。

第二次試験時の面接と同様、横浜市の「求められる職員像」を念頭に置き、自分のこれまでの具体的な経験としっかり結びつけてアピールしましょう。

まとめ

横浜市社会人採用の対策方法について解説しました。

横浜市は数ある自治体の中でも非常に優良と言われ、合格すれば社会的にも経済的にも安定した生活が送れることでしょう。何としても合格したいですね!

この記事をチェックしたあなたは、すでにライバルを一歩リードしています。

見た目の倍率の高さに惑わされず、やるべき対策をしっかりとやり込んで臨み、ぜひとも合格を勝ち取ってください。

健闘をお祈りしています!!